History

第一弾アーティスト SAEKO (北前佐枝子)経歴

  • 1997年

・関西外国語大学外国語学部米英語学科修了
・甲陽音楽学院コンテンポラリー・ミュージック科(ボーカル専攻)修了

  • 2002年

ドイツの音楽レーベルと専属アーティスト契約を結び、2枚のソロアルバムを世界リリース。2004年、Blaze Bayley と共にゲスト・アクトとして DORO’s Classic Diamonds 欧州ツアー参加。また レーベル内唯一の日本人として欧州と日本間の音楽ジャーナリスト、デザイナー等の通訳/翻訳/調整役の仕事にも携わる。

< インタビュー掲載紙(一部)> Rock Hard (ブラジル), Metal Hammer (イタリア), Heavy Rock (スペイン), Doitsu News Digest (ドイツ), BURRN! (日本), Maxi (ドイツ), Fool’s Mate (日本), 東京中日スポーツ など

  • 2005年

Wacken Open Air に出演し、海外雑誌/TV/ラジオ等で英語インタビューを多数経験。日本では2005年2月から翌年4月までCDチェーン店すみやの月刊ペーパーにコラム連載。

  • 2006年

日本と欧州音楽業界の諸問題に翻弄され、日本人アーティストの世界進出を阻むのは音楽的力量や才能の有無よりも”言葉と文化の壁”だと痛感。非常に悔しく無念だった為、自身の音楽活動を停止、壁を破る事業の設立を誓って日本に帰国。(また滞在中に海外における日本の存在感が加速度的に薄れていくのを肌で感じ、音楽以外でももっと情報を発信しなければ、日本が国際社会から取り残されるのではという危機感にも押される。)
言語方面の経験を積む為、英会話講師として勤務しながら日本語教師資格取得、フリーランスで通訳・翻訳(音楽誌の海外アーティストのインタビューや洋楽レーベルの歌詞対訳)に従事。

  • 2009年

オランダ国立ライデン大学 英語言語と文化学修士号取得。専門分野は日英言語比較。在籍時 下記論文の研究アシスタント担当。Robert Lankamp. (2009). “ESL Student Plagiarism: Ignorance of the Rules or Authorial Identity Problem?” In Journal of Education and Human Development, 3(1), pp.1-8.

  • 2011年

・英詞事務所オフィス・シンプウを設立:海外を目指す日本人ミュージシャンの英語の悩みを解決すべく、オリジナル楽曲の英語作詞/添削、歌唱発音矯正等のサービス開始。

また「表現活動を通して日本と世界の架け橋に」を目指し、表現論、異文化コミュニケーション、言語比較等について日本語または英語で講演活動を始める。
・ブータン国王夫妻ご結婚祝賀曲、英語作詞担当。

  • 2012年

世界40数カ国の方々と共に被災地支援チャリティソング・プロジェクト Light of Life を立ち上げ、英語作詞と歌唱を担当
。収益を東北3県の震災遺児・孤児基金に義援金に充てる活動を行う。

  • 2013年

「まつりIN台湾」前夜祭(日本代表)、本イベント(オープニング及びエンディング・アクト)出演。

  • 2014年

米国バークリー音楽大学(オンライン)Songwriting マスター証取得。英語作詞作曲法に加え、海外音楽出版や音楽業界法律知識の基礎を学ぶ。

  • 2015年

Metal Female Voices Fest (ベルギー開催)にて、国際チャリティ・ソングを披露。